気軽に相談できる病院へ|子供は体外受精で授かれる|希望を捨てない限りチャンスはある

子供は体外受精で授かれる|希望を捨てない限りチャンスはある

ナース

気軽に相談できる病院へ

看護師

ためらわないですぐ受診

本来女性にとって婦人科は気軽に受診することができるところでなくてはならないのですが、気になることがあってもなかなか行きづらいと感じている人も意外と多いのが現状です。それは大阪だけではなくほかの地域でも言えることですが、それではなぜ婦人科に行くのをためらう女性が多いのでしょうか。まず診察に戸惑いを感じる人が多いということです。診察も内科のような診察の仕方ではないので、少なからず抵抗を感じる人がいるのは仕方がないことでしょう。また医師が男性の場合はなおさらで、診察時は顔を見せることはないものの、やはり婦人科へ足を運ぶのが重くなってしまう原因です。しかし女性の婦人科系の病気の早期発見のためには、検診や診察は欠かせないもことなのです。

女性医師が増えてきました

最近は婦人科に女性医師がいる病院も増えてきています。それは大阪でも言えることで、特に結婚前の女性にとってはできるだけ女性医師に診てもらいたいという気持ちが強く、気軽に来院できる環境が整いつつあります。また女性の悩みは女性にしかわからないことも多く、何でも相談しやすいのは男性より女性医師だと感じている人も少なくありません。大阪では女性医師が増えているだけではなく、婦人科の担当医師を公表している病院も増えてきています。ですから女性医師に診てもらいたい場合は、日時や曜日を決めて来院できるので以前より婦人科を受診する人が増えてきました。全国でも大阪のように女性医師を増やすことで受診率が高まり、婦人科系の病気も早期発見、早期治療ができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加