費用の問題をクリアにする|子供は体外受精で授かれる|希望を捨てない限りチャンスはある

子供は体外受精で授かれる|希望を捨てない限りチャンスはある

ナース

費用の問題をクリアにする

赤子とウーマン

現在、子供を希望している夫婦の約10組に1組は、子供が授からない状況にあるといわれています。そのため、夫婦で不妊治療を始めるケースは増加しているのです。大阪でも不妊治療を行なう夫婦は多いですが、その中でも体外受精を検討するケースが増加傾向にあります。しかし、体外受精は、保険適用されないため高額な治療費がかかることで知られています。大阪では経済的な事情で子供をあきらめざるを得ないという夫婦も少なくなかったのです。しかしそうした費用の問題を受けて、大阪では体外受精などの不妊治療費用を助成する制度が設けられています。大阪の自治体によって助成内容は変わってくるので、確認してみましょう。年齢や治療を始めた日などによっても助成内容が変わってくるので注意が必要です。場合によっては、助成されない場合もありますが、助成される場合は、かなりの金額が助成されます。大阪では、7万5千円もしくは15万円、初回治療かつ条件を満たした場合は30万円が1回について助成されます。大阪で体外受精を検討しているならば、対象者であるかどうかをチェックしてから、申請してみることをおすすめします。費用の問題であきらめていた人は、お金の心配が減るので、そうしたストレスが減って、妊娠に向けてよい影響が期待できるかもしれません。また、助成だけではなく、大阪では電話や面談などで不妊治療についての相談をすることもできます。助産師や医師が答えてくれるので、心強いといえます。もちろんクリニックで相談することもできるので、問い合わせてみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加